発表リスト

国際会議|招待講演

  1. Photocontrol of magnetic and electronic structures in antiferromagnetic Dirac semimetals,
    Atsushi Ono and Sumio Ishihara,
    Photoinduced Phase Transitions and Cooperative Phenomena (PIPT7), Online (Nov 2021).
  2. Ultrafast optical manipulation of magnetism —double-exchange interaction in nonequilibrium state—,
    Atsushi Ono and Sumio Ishihara,
    Electron Correlation in Superconductors and Nanostructures (ECSN), Odessa, Ukraine (Aug 2017).

国際会議|口頭発表

  1. High harmonic generation from electrons moving on topological spin textures,
    Atsushi Ono, Shun Okumura, Shohei Imai, and Yutaka Akagi,
    Photoinduced Phase Transitions and Cooperative Phenomena (PIPT8), Nijmegen, the Netherlands (Jun 2024).
  2. Optically controlled spin scalar chirality in centrosymmetric magnetic metals,
    Atsushi Ono and Yutaka Akagi,
    APS March Meeting, Las Vegas, USA (Mar 2023).
  3. Ultrafast reorientation of the Néel vector in antiferromagnetic Dirac semimetals,
    Atsushi Ono,
    Electronic Properties of Two-Dimensional Systems / Modulated Semiconductor Structures (EP2DS-24/MSS-20), Online (Nov 2021).
  4. Ultrafast reorientation of the Néel vector in antiferromagnetic Dirac semimetals,
    Atsushi Ono and Sumio Ishihara,
    APS March Meeting, Online (Mar 2021).
  5. Double-Exchange and RKKY Interactions in Photoinduced Nonequilibrium States in Correlated Magnets,
    Atsushi Ono and Sumio Ishihara,
    Strongly Correlated Electron Systems (SCES), Okayama, Japan (Sep 2019).
  6. Photocontrol of magnetic structure in a metallic ferromagnet,
    Atsushi Ono and Sumio Ishihara,
    APS March Meeting, Boston, USA (Mar 2019).
  7. Optical conversion of magnetic structure in strongly correlated itinerant magnets,
    Atsushi Ono and Sumio Ishihara,
    New Generation in Strongly Correlated Electrons Systems (NGSCES), Barcelona, Spain (Sep 2017).

国際会議|ポスター発表

  1. Photocontrol of spin scalar chirality in centrosymmetric itinerant magnets,
    Atsushi Ono and Yutaka Akagi,
    29th International Conference on Low Temperature Physics (LT29), Sapporo, Japan (Aug 2022).
  2. Photoinduced Antiferromagnetic Transition in a Correlated Itinerant Ferromagnet,
    Atsushi Ono and Sumio Ishihara,
    The 2nd Symposium for World Leading Research Centers —Materials Science and Spintronics—, Sendai, Japan (Feb 2019).
  3. Photoinduced ferromagnetic-to-antiferromagnetic transition in a correlated itinerant magnet,
    Atsushi Ono and Sumio Ishihara,
    Ultrafast Control of Materials (UCM), Rennes, France (Jun 2018).
  4. Photoinduced Ferromagnetic-to-Antiferromagnetic Transition in a Correlated Itinerant Magnet,
    Atsushi Ono and Sumio Ishihara,
    Kick-off Symposium for World Leading Research Centers —Materials Science and Spintronics—, Sendai, Japan (Feb 2018).
  5. Optical control of magnetism in double exchange system,
    Atsushi Ono and Sumio Ishihara,
    Photoinduced Phase Transitions (PIPT6), Sendai, Japan (Jun 2017).
  6. Optical suppression of electron motion in low-dimensional Hubbard model,
    Atsushi Ono, Hiroshi Hashimoto, and Sumio Ishihara,
    CEMS-QPEC Symposium on Emergent Quantum Materials, Tokyo, Japan (Jan 2016).
  7. Photoinduced Dynamics in One-dimensional Correlated Electron Model,
    Atsushi Ono, Hiroshi Hashimoto, and Sumio Ishihara,
    French Research Organizations—Tohoku University Joint Workshop on Frontier Materials (FRONTIER2015), Sendai, Japan (Dec 2015).

国内会議|口頭発表

  1. スピンスカラーカイラル状態における高次高調波発生,
    小野淳,奥村駿,今井渉平,赤城裕,
    日本物理学会2024年春季大会,オンライン,2024年3月.
  2. キタエフスピン液体におけるエネルギー緩和がもたらすバイゾン制御の安定化,
    原田千宏,小野淳,那須譲治,
    日本物理学会2024年春季大会,オンライン,2024年3月.
  3. 光電場駆動による高速ダイナミクスと磁性制御,
    小野淳
    研究会「非平衡固体物性の最前線」,東京大学,2023年11月.
  4. 光キャリア注入されたマルチフェロイクスにおける実時間ダイナミクス,
    小野淳
    日本物理学会第78回年次大会,東北大学,2023年9月.
  5. キタエフ量子スピン液体におけるマヨラナゼロモードの時空間制御,
    原田千宏,小野淳,那須譲治,
    日本物理学会第78回年次大会,東北大学,2023年9月.
  6. スピン偏極パルス電子回折によるBiFeO3/SrTiO3(111)薄膜の磁気構造観測と光誘起ダイナミクス測定,
    田久保耕,上野俊輔,Samiran Banu,于洪武,石川忠彦,沖本洋一,腰原伸也,小野淳,西森亮太,羽田真毅,桑原真人,浅香透,小野大樹,小澤慶太,伊藤拓真,重松圭,東正樹,
    日本物理学会第78回年次大会,東北大学,2023年9月.
  7. 駆動電場パルスの波形整形によるトンネル励起電子正孔対の波束制御,
    今井渉平,小野淳
    日本物理学会2023年春季大会,オンライン,2023年3月.
  8. フェムト秒電子線回折によるBiFeO3/SrTiO3(111)薄膜の光誘起構造ダイナミクス測定,
    田久保耕,上野俊輔,金子水咲,于洪武,石川忠彦,沖本洋一,腰原伸也,小野淳,西森亮太,矢嶋渉,羽田真毅,桑原真人,浅香透,小澤慶太,伊藤拓真,重松圭,東正樹,
    日本物理学会2023年春季大会,オンライン,2023年3月.
  9. 光電場駆動による磁性制御と高速ダイナミクス,
    小野淳
    研究会「相関電子の軌道自由度から生まれる多様性と普遍性」,東北大学,2022年10月.
  10. 空間反転対称な遍歴磁性体におけるスピンスカラーカイラリティと円偏光自由度の非線形結合,
    小野淳,赤城裕,
    日本物理学会2022年秋季大会,東京工業大学,2022年9月.
  11. 光駆動電子のスピンダイナミクスと高次高調波の偏光自由度との関係,
    今井渉平,小野淳
    日本物理学会2022年秋季大会,東京工業大学,2022年9月.
  12. 空間反転対称な遍歴磁性体におけるスピンスカラーカイラリティの円偏光制御,
    小野淳,赤城裕,
    日本物理学会第77回年次大会,オンライン,2022年3月.
  13. トンネル励起された電子波束による高次高調波の時間波形,
    今井渉平,小野淳
    日本物理学会第77回年次大会,オンライン,2022年3月.
  14. テラヘルツパルスによる強誘電体における第二高調波発生の実時間変調,
    小野淳
    日本物理学会2021年秋季大会,オンライン,2021年9月.
  15. 光駆動電子の時間反転現象を通した高次高調波発生の解析,
    今井渉平,小野淳
    日本物理学会2021年秋季大会,オンライン,2021年9月.
  16. 三角格子遍歴磁性体における光誘起スピンスカラーカイラル状態,
    小野淳,赤城裕,
    日本物理学会第76回年次大会,オンライン,2021年3月.
  17. 相関絶縁体における光励起キャリアのエネルギー分散測定法の提案,
    今井渉平,小野淳,石原純夫,
    日本物理学会第76回年次大会,オンライン,2021年3月.
  18. 反強磁性ディラック半金属における磁性・伝導性の光制御の理論Ⅱ,
    小野淳,石原純夫,
    日本物理学会2020年秋季大会,オンライン,2020年9月.
  19. 中性イオン性転移系の高次高調波発生と強結合相関効果,
    今井渉平,小野淳,石原純夫,
    日本物理学会2020年秋季大会,オンライン,2020年9月.
  20. 反強磁性ディラック半金属における磁性・伝導性の光制御の理論,
    小野淳,石原純夫,
    日本物理学会第75回年次大会,名古屋大学,2020年3月.
  21. 中性イオン性転移系における高次高調波発生,
    今井渉平,小野淳,石原純夫,
    日本物理学会第75回年次大会,名古屋大学,2020年3月.
  22. 光誘起非平衡状態の理論研究,
    ⽯原純夫,今井渉平,正木祐輔,〇小野淳
    第67回応用物理学会春季学術講演会,上智大学,2020年3月.
  23. 遍歴磁性体における光誘起現象,
    小野淳
    研究会「第9回凝縮系理論の最前線」,イマジン ホテル&リゾート函館,2020年2月.
  24. 遍歴磁性体の光励起・緩和ダイナミクスにおけるスピン軌道相互作用の効果,
    小野淳,山下竜律,石原純夫,
    日本物理学会2019年秋季大会,岐阜大学,2019年9月.
  25. 相関電子系における高次高調波の発生機構Ⅱ,
    今井渉平,小野淳,石原純夫,
    日本物理学会2019年秋季大会,岐阜大学,2019年9月.
  26. 相関電子系における高次高調波の発生機構,
    今井渉平,小野淳,石原純夫,
    日本物理学会第74回年次大会,九州大学,2019年3月.
  27. 遍歴磁性体の光誘起ダイナミクスにおけるスピン軌道相互作用の効果,
    山下竜律,小野淳,石原純夫,
    日本物理学会第74回年次大会,九州大学,2019年3月.
  28. 多電子系におけるフロケ状態と感受率,
    小野淳,石原純夫,
    日本物理学会2018年秋季大会,同志社大学,2018年9月.
  29. ダイマー・モット系における高次高調波発生の数値的研究,
    今井渉平,小野淳,石原純夫,
    日本物理学会2018年秋季大会,同志社大学,2018年9月.
  30. 相関遍歴磁性体におけるフロケ状態と磁気励起,
    小野淳,石原純夫,
    日本物理学会第73回年次大会,東京理科大学,2018年3月.
  31. 強相関遍歴磁性体における光誘起磁性転移とスピンカイラリティ,
    小野淳,石原純夫,
    日本物理学会2017年秋季大会,岩手大学,2017年9月.
  32. 二重交換系における光照射磁性制御の理論,
    小野淳,石原純夫,
    日本物理学会第72回年次大会,大阪大学,2017年3月.
  33. 低次元量子多体系におけるパルス光―連続光励起クロスオーバー現象,
    小野淳,橋本博志,石原純夫,
    日本物理学会2016年秋季大会,金沢大学,2016年9月.
  34. 低次元ハバード模型における動的局在現象の数値的研究,
    小野淳,橋本博志,石原純夫,
    日本物理学会第71回年次大会,東北学院大学,2016年3月.
  35. 低次元相関電子系における光誘起ダイナミクスと特異な励起光強度依存性,
    小野淳,橋本博志,石原純夫,
    日本物理学会2015年秋季大会,関西大学,2015年9月.
  36. 低次元局在電子系における光誘起ダイナミクスの数値的解析,
    小野淳,橋本博志,石原純夫,
    日本物理学会第70回年次大会,早稲田大学,2015年3月.

国内会議|ポスター発表

  1. キタエフ量子スピン液体におけるバイゾン励起の実時間ダイナミクス,
    原田千宏,小野淳,那須譲治,
    日本物理学会2023年春季大会,オンライン,2023年3月.
  2. 遍歴磁性体における光誘起スピンテクスチャの理論,
    小野淳,石原純夫,
    日本物理学会第74回年次大会,九州大学,2019年3月.
  3. 強相関遍歴磁性体における光誘起磁性転移のダイナミクス,
    小野淳,石原純夫,
    金研ワークショップ「多自由度・多階層性が協奏する物質材料システムの科学」,東北大学金属材料研究所,2017年12月.
  4. フラストレート電荷秩序系におけるクエンチダイナミクス,
    北川皓也,小野淳,中惇,石原純夫,
    日本物理学会2017年秋季大会,岩手大学,2017年9月.
  5. 低次元拡張ハバード模型における光誘起ダイナミクスの数値的研究,
    今井渉平,小野淳,石原純夫,
    日本物理学会2017年秋季大会,岩手大学,2017年9月.
  6. 低次元強相関系における時間依存する外場による励起ダイナミクスの数値的研究,
    小野淳,橋本博志,石原純夫,
    日本物理学会2014年秋季大会,中部大学,2014年9月.